l'oiseau bleu(ロワゾブルー ) <京都市左京区比叡山>

普通に・・・ 美味しいぃ~ って 思いながらいただく事って多いと思う
意外と? 単純だからw 
食べられる事に 幸せ を感じてしまうんだもの (ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

また来たい・・・ 
そう思ったはずなのに・・・ 再訪出来ていないお店も多々あって (⌒o⌒;A

そんな中 再訪してしまうお店
声を大にして お勧めしたい 気持ちと・・・
一人占め?? しておきたい・・・ 
私にとって とっておきのお店

IMG_1690-1.jpg

そこには 
創っている人の気配・・・ 人柄が伝わってくる・・・
替えが効かない・・・
この人が創らなければ この味にならない・・・
だから・・・ 食べたい


そう感じられるシェフに 人は一生のうち どれだけ出会えるのだろぅ・・・ 

そんな事を巡らせながら・・・ ついに メインのご紹介 ww

IMG_1632-1.jpg

<冬の天然クエと自家燻製ベーコンのプーリッド>

IMG_1636-1.jpg

春菊をアクセントにした ブイヤベース風クリームソース
グフゥ~ッ  >+。:.゚(人〃∇〃)*+オ。:.゚イ*゚シ.:。イ+゚(〃∇〃人)゚.:。+
白いブイヤベースと呼ばれているブーリッド
にんにくの利いたアイオリに、春菊の香りと 春らしい苦み・・・ 
卵のコクが加わったクリームソースの深みに (ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!
こういうソースの ((o(∇^*o)ウ・ウマァ~~イ!!(o*^∇)o)) に出会えるのが
フレンチの極み って気がするでしょう .+:。(≧∇≦)ノ゚.+:。 ワーイ♪

                     IMG_1628-1.jpg

                     <Cuvée Clémence 2007>
                     フルーティーな果実の味わいに、樽熟成の柔らかな
                     木の香り・・・ ((o(∇^*o)ウ・ウマァ~~イ!!(o*^∇)o)) 
                     スッキリ系より やっぱりコッチが好きだなぁ

       IMG_1642-1.jpg

       希少な天然モノのクエ 
       ホロッと崩れる身は 必要以上に脂を感じず 淡白な味わいながらも
       弾力があって ((o(∇^*o)ウ・ウマァ~~イ!!(o*^∇)o)) 
       そっか クセになるソースの旨みは クエのゼラチン質が
       溶けだしているからなのね ☆:・゚.*(*´>∇<)b*.゚・:☆
       彩り豊かな野菜とのバランスに Love v(* ̄▽ ̄*)〃▽〃)Love     
 
IMG_1645-1.jpg

お口直しの季節のグラニテ <柚子とそのクリスタル>

カリカリッ と砕くほどに 柚子の香りを楽しめるトッピング r(≧ω≦*)
柚子のグラニテって もっとユルイ味わいでしか食べた事なかったかも??
雪景色に溶け込んでしまいそうなグラスに キュン (ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

IMG_1656-1.jpg

<ヴィエンヌ産ピジョン・グレミヨンのココット焼き
   季節のキノコにフォアグラと苺のヴェルジュ トリュフ香る内臓のソース>


この後・・・ 化粧が施されます (ノ∇≦*) キャハッッッッ♪
一目で 色んな部位を楽しめる一皿に仕上がっているのが見てとれて
♪(p≧▽)p♪q(▽≦q)トキメクゥ~!!(p≧▽)p♪q(▽≦q)♪

              IMG_1650-1.jpg

              <黒トリュフ塩>
              前回 その濃厚な香りに (ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!
              だった記憶を確かめるべく・・・ OPEN ww
              フ・・・ ほぉーーーん 
              タ・タマラン・・・ この香り・・・ ・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・ポッ

IMG_1652-2.jpg

<Cotes du Rhone Villages>
紫色っぽい色合い ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ
果実の香りを放ちながらも力強くて
骨太さを感じさせるかな ww
・・・ 既に 酔っ払っている私 (# ̄ー ̄#)ヘラヘラ・・・

IMG_1658-1.jpg

『シェフには内密に・・・ 』 と、何スライド?? ww
そんな一言が ★:;;:☆(〃^□^〃テンション↑↑〃^□^〃)☆:;;:★ ww
ホント・・・ いい指導をされていますね .+:。(≧∇≦)ノ゚.+:。♪

              IMG_1666-1.jpg

              モモ肉 皮の焼き色がイイ感じ
              仔鳩なのに・・・ なんなの?? ジューシィさ (ノ∇≦*) イヤン♪
              ((o(∇^*o)ウ・ウマァ~~イ!!(o*^∇)o)) 
              すんごい濃厚な脂を感じられて ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ ビックリ

       IMG_1660-2.jpg

       実は・・・ 仔鳩をいただくのは お初ぅ~ でございます。
       ドキドキしてしまうぅ~っ .+:。(≧∇≦)ノ゚.+:。 ワーイ♪
                   
       身が肉厚でやわらかく弾力のある食感で、お初な味わい・・・ (ノ∇≦*)♪
       コレがピジョンの味わいなのね・・・ と 噛みしめまくるww
       若干レバーっぽい・・・ 鉄分を多く感じる味わいですよね??
       ジビエ好き な私には ((o(∇^*o)ウ・ウマァ~~イ!!(o*^∇)o)) 
       品質も良いのだろうけれど、火入れが絶妙~ で、鮮やかな極み
       ともいうべき 濃いピンクに目を奪わるササミに始まり、
       胸・手羽元の 全てにおいて ナイフを入れると 艶めかしい色合い 
       に (ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ ピキューン!鷲づかみ!!
       >+。:.゚(人〃∇〃)*+オ。:.゚イ*゚シ.:。イ+゚(〃∇〃人)゚.:。+
       赤ワインをベースに 仔鳩の心臓とレバーのピレと、血の濃厚さが 
       ガツン とくるソースに Love v(* ̄▽ ̄*)〃▽〃)Love

IMG_1663-1.jpg

香ばしく焼いたフォアグラ 苺煮?? 茹で?? と・・・ 兎に角w (誤魔化すww)
トッピングの苺1つに、40分もの真空調理を施されているなんて ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ ウソン
でしょう? .+:。(≧∇≦)ノ゚.+:。 ワーイ♪ (じゃぁ しっかり覚えとけ!って (⌒o⌒; ww )

 ヽ(= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=)ノ ニヒャ♪ 
香ばしく カリッ と焼き上げられたフォアグラを頬張れば・・・ ホフゥン と広がる
肝の濃厚な味わい に、ウソ・・・ こんなに上手く添うなんて・・・ ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ で
・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・ポッ な苺 の組み合わせ・・・ コレまた お初です
☆*:;;;;;:*☆(≧∇≦人)アリガトォゴザイマス♪(人≧∇≦)☆*:;;;;;:*☆



         はぁ・・・ 伝えてしまいました (ノ∇≦*) キャハッッッッ♪
         


         電話番号 : 075-701-0201

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。